とどまらず よどまず

一人で数曲歌うことが多いコンサート。

得意なレパートリー曲もあれば、ちょっと力が入る曲、今回初披露の曲、なぜか歌詞を間違えそうな曲、いろいろある。
不思議なもので、なんとなく苦手だな、歌詞間違えそうかな、とかいう曲が本番で一番よくできたりするときもある。
そういう時はホッとする。これを無事終えたらあとはいつも歌う得意曲だけだわ!なんて。
そういうとき、あえて最近おまじないのように言っていることがある。

その曲を終えてホッとして楽屋などにもどり次の出番まで1人になったとき、
しっかりした良い息で、小さな声でこう言うのだ。

「さあ、上手くいっちゃったよ!どうする、困ったぞー!あー困った困った!よーし!」

とかなんとか 笑
これが何にどう影響してるのかわからないけれど、こう、しっかり呟くと、なんとなくいい感じで力が抜けて集中できるのだ。

関連記事

  1. ソプラノ・ヴォーカリスト渡辺麻衣

    ご縁

  2. ことばの喉ごしと舌触り

    ことばの喉ごしと舌触り

  3. ホンモノの歌〜喜多直毅歌手デビューライヴ with 加藤崇之…